間違いが多い自宅で洗車~注意したい5つのこと。

洗車
バナー

新年をキレイな愛車で。

みなさんそう思い、ガソリンスタンドにお願いされる方、セルフの洗車機に入れる方などなど・・・。

今日は、ご自宅で洗う方に覚えておいて頂きたい内容をまとめてみました。

目次

  • 1、強い日差しの下で洗っていませんか?
  • 2、風が強い中で洗っていませんか?
  • 3、シャンプーを使い過ぎていませんか?
  • 4、普通のタオルは傷がつきます。
  • 5、冬はステップの水分を取らないと・・・
  • まとめ

1、強い日差しの下で洗っていませんか?

a0002_005510[1]

天気が良い日は、車をキレイにしたいもの。でもそんな日は洗車にあまり向きません。

洗っている間に、シャンプーや、水分を日差しが乾かし、車にシミを作りやすくなります。

そのシミがひどくなると、ちょっとやそっとじゃ取れなくるなり、我々も苦労するほどなんですよ。

その日しか洗えない!って方はやむをえませんが、できれば少し曇っていて、日差しの弱い日が理想の洗車日和です。

もしくは、屋根の下か、カーポートの下で洗って下さいね。

※当社では乾く前に水をかけたり、乾く前に洗車を終了させます。

 

2、風が強い中で洗っていませんか?

012[1]

冬は北風、吹きおろしの風が強くなります。そして乾燥・・・・。

冬の風の強い日に洗車をすると、洗っている傍からホコリがどんどん車に付着し、傷をつけながら洗っていることになってしまいます。

ホコリもつくま間もないぐらい、ものすごいスピードで洗うのは現実的に難しいですよね。

ということは、風の弱い日に洗うか、風を避けれる場所で洗った方が良いってことです。

 

3、シャンプーの量、大丈夫ですか?

img_how1_04[1]

シャンプーは使えば使うほど車に悪影響を与えてしまいます。

たくさん使えばキレイになるわけではありません。女性の方はわかると思いますが、洗濯と一緒なのです。

当社の手洗い洗車で、あれだけモコモコの泡を作るのに、シャンプーをコップ一杯も使っていないんです。

シャンプーはできるだけ少なく、できるだけアワアワが理想です。

バケツに少しだけ入れて、強力なシャワーで泡立ててみて下さい。そして洗剤を足さないように・・・・。

参考記事:5年後のボディが変わるカーシャンプーの選び方

 

4、普通のタオルは傷がつきます。

27001I12E
※一般的な綿のタオル

一般的な家庭にあるタオル(綿)は、車にキズをつけてしまいます。

かなり使い込んでいるタオルを乾いた状態で使えば、軽い「たわし」で拭いているようなものに…。

一番は、マイクロファイバークロスを濡らしてから硬く絞って使うのが良いでしょう。

keeprecloth_feat_01[1]
※当社でも使っているマイクロファイバークロス

マイクロファイバークロスが無い!買ってくるのめんど臭い!って方は、おろしたてのタオルを濡らして、硬く絞るだけでも違いますよ。

参考記事:洗車にマイクロファイバーが良い理由。

 

5、冬はステップの水分を取らないと・・・

rczsu2[1]

今年は比較的あたたかい12月ですが、いつ寒くなるかわかりません。

洗車をして、ボディや窓を拭き上げて、ドアを開けた隙間を拭かずに、朝凍ってドアが開かないなんてこともあります。

車全体の拭き上げが終わったら、ドアや、トランクを開けた隙間の水分も取って下さい。

そうすれば、凍って開かなくなることもないし、水垂れも少なく仕上がりが良いですよ。

 

まとめ

年末はガソリンスタンドも、セルフの洗車機、洗車場も大変混雑します。

当社としてはたくさん洗車や、コーティングのお客様にご来店頂きたいのですが、お待たせしてしまう可能性があります。

そんなとき、自分で洗ってみようという方は、ここに書いたことを注意してみて下さいね。

それでは良いお年を・・・・

The following two tabs change content below.
藤田芳伸

藤田芳伸

代表取締役社長藤田燃料株式会社
藤田燃料ブログチームの編集長。
パソコンが1台しかない会社からfacebook、LINE~このブログを立ち上げるまでにワンマンにスタッフを引っ張ってきた犯人です。こう見えても社内で一番タイヤに詳しく、当社最初のコーティング1級技術者です。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket