車の窓ガラス「油膜」と「ウロコ」の違いとは?

油膜

洗車やコーティングの受付の際にお話をしていると、窓の汚れを気にされる方がとても多いです。

・雨が降ったときに視界が悪い

・ワイパーの水はけが悪い

などなど・・・

これは、「油膜」がついているからです。

逆に、

・窓の白っぽいシミが気になる

・窓のザラザラが気になる

この場合は、「ウロコ」です。

お客様でも勘違いがあるのですが、当社のような洗車・コーティングのお店で「フロントガラスフッ素コーティング」をするときには、下地処理を行い「油膜」を除去してから、フッ素コートをするのですが、ウロコ」は取れません

では、「油膜」と「ウロコ」の違いは何なのでしょうか?

 

目次

  • 1、「油膜」とは
  • 2、「ウロコ」とは
  • 3、除去方法
  • まとめ

1、「油膜」とは

「油膜」とはボディワックスに含まれている油分が雨と一緒に流れ落ちてフロントガラスにこびりついたり、大気中の油分が雨と一緒に落ちてきたり、車のはね上げる路面の油分が付着しフロントガラスで乾いてこびりついたものです。

それが、雨の日や夜間の運転時にギラギラして視界を悪くさせます。

これを防ぐ為には、フッ素コートが有効と言われています。

 

2、「ウロコ」とは

軽度なものは、水道水の塩素やミネラル分、地下水・井戸水ならミネラル分、雨の場合は大気中のシリコンや汚染物質が、ガラスに付着し硬化したものです。

重度なものは、上の物質を含んだ水滴が太陽光に照らされ、焼きついた状態です。

フロントガラスの場合、ワイパーが水をはかない部分に、白いシミのような跡があればこれに当たります。

 

3、除去方法

・「油膜」の除去方法

ついて間もない油膜ならば、台所用洗剤や、ウーロン茶を含ませたマイクロファイバークロスなどでゴシゴシすると落ちることもあります。

ウーロン茶は油を分解する働きがあるので効果があるようです。

しばらく除去したことのないような油膜ならば、コンパウンドを含んだ「油膜除去剤」が売っていますので、それを使って除去できます。

・「ウロコ」の除去方法

軽度のものならば、コンパウンドを含んだ「油膜除去剤」でゴシゴシすれば落ちます。

重度の場合は、当社ではコンパウンドとポリッシャー(ボディなどを磨く機械)を使います。

市販でも「ウロコ除去剤」なども販売されてますので、試してみて下さい。私は比較的高額なので使ってみたことはありません(笑)

注意!

両方とも除去した後は、必ずガラスコート剤を塗ってあげて下さいね。それも防止策になりますので。

 

最後に

安全運転は、「まず視界から!」です。

視界が気になるようであれば、ご自分でも、我々のようなプロに頼むでも「油膜除去してみてください。

視界が良くなるだけではなく、運転による身体や目の疲れも和らぐはずです。

ウロコ」気になる方、ご自分では大変と思ったら、是非ご相談にいらして下さいね♪

The following two tabs change content below.
藤田芳伸

藤田芳伸

代表取締役社長藤田燃料株式会社
藤田燃料ブログチームの編集長。
パソコンが1台しかない会社からfacebook、LINE~このブログを立ち上げるまでにワンマンにスタッフを引っ張ってきた犯人です。こう見えても社内で一番タイヤに詳しく、当社最初のコーティング1級技術者です。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket