夏を乗り切る3つのポイント|白河市・棚倉町のガソリンスタンド

夏

今年も暑い夏がやって参ります。

みなさんは夏バテ対策は万全でしょうか?

私たちも仕事も季節やお天気との戦いです。毎日が。

特に夏は、炎天下の中、洗車やコーティングをしなければなりませんから、どうそれを乗り切るかを常に考えて仕事をしています。

今回はそんな私たちも気にしている夏の対策についてまとめてみました。

夏を乗り切る3つのポイント

  • 1.天然ミネラル入り炭酸水を飲もう!
  • 2.外気との温度差は5℃まで
  • 3.生活時間を早くする
  • まとめ

1.天然ミネラル入り炭酸水を飲もう!

夏場、体にたまりやすい疲労の原因、水素イオンを炭酸水が体外に出してくれます。

もちろんミネラルが大量に含まれているので、疲れた体を癒してくれるでしょう。

何より、適度な水分補給で疲労回復効果を得られるというのが、ポイントですね。

天然炭酸入りミネラルウォーターが最もオススメです。

 

2.外気との温度差は5℃まで

人間の体温管理は意外に高機能なのです。

過度な温度差があると逆に体温の管理に体力を使ってしまい、夏バテの原因になります。

体の機能が確立していない子供などは特に夏バテの原因になってしまいます。

5℃程度の温度差であれば適度に涼しく、体に負担も強いないでしょう

その証拠に、夏バテを一切しない当社の技術主任の菊池は、どんなに暑くても車のエアコンを使いません(笑)

 

3.生活時間を早くする

いつもより早く起きてラジオ体操をしていた子供時代は元気に過ごせていたと思います。

体力があったから…という理由ではありません。

朝の涼しい時間帯に適度な運動を行ったことで、夏バテから身を守っていたのです。

大人の場合、朝早く起きてジョギングなど…ちょっと難しいかもしれませんが、早起きをして活動することで、体にいいサイクルを作り出し、疲労をためにくい体になっていきます。

 

まとめ

体にいいミネラルを摂取し、負担のない体調管理、そして規則正しい生活が夏バテ対策につながるわけです。

まだ若いからとか、「オレは夏に強いから!」という過信はせず、しっかり対策を取って夏を乗り切りましょう!

The following two tabs change content below.
金澤誠隆

金澤誠隆

関辺SS 教育リーダー
関辺SSのスタッフは、とても個性の強い人間の集まりでもあり、生まれも育ちも違う人間をまとめる立場にあるのがこの「教育リーダー金澤誠隆」です。
きっと当初は大変だったことでしょう…。
漢字が書けないスタッフ、計算機の使い方がわからないスタッフなど……仕事以前の問題から始まったんですから(笑)
その集団をここまでのレベルまで育て上げたのですから「頼れるリーダー」と言わざるを得ませんね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket