実はめっちゃ怖い!タイヤの「ヒビ割れ」|白河市・棚倉町のタイヤ交換

タイヤ

車について良くわかっている方の中にもタイヤの「ひび割れ」をただの自然劣化現象として軽視してしまう人がたくさんいます。

しかし、タイヤを直に触っている我々からすれば、タイヤが製造されてから何年たっているのか、そのタイヤで何キロぐらい走行しているのかを確かめて初めて、問題があるかどうかの判断を下せるもので、本当はもっと注意しなければならないことなんです。

そして国産タイヤの「ひび割れ」と、アジアンタイヤの「ひび割れ」では全くレベルが違うことも知っておいて下さい。

 

conv0001_20130613080838

タイヤの側面に発生したひび割れについては、更に危険度が増します。

側面は走行しながら常に変形を繰り返してして、その小さなヒビに徐々に影響を与えることになるからです。

 

200910200834000

そして、実はタイヤは新品から徐々に膨張し続けているので、自分の爪が簡単に入るような「ひび割れ」が前タイヤのどちらか一方に起きれば、走行にも影響を与えかねません。

最近では、新品交換してから一年位しか経過していないタイヤでも軽いひび割れが起きることもあります。

これは、最近の夏の猛暑で受けるダメージが尋常ではないことの現われでもあります。

タイヤの大敵も車のボディと一緒で「紫外線」なのです。

 

P1000412

ひび割れは、われわれに何かを教えてくれているありがたい警告なのだと思って下さい。

ここで軽く判断をせずに、遠慮なくプロの人に相談して下さい。

何万本ものタイヤを見てきているプロは直ぐに何らかの、アドバイスをしてくれますよ。

もちろん当社もしっかり点検・アドバイスをさせて頂きます♪

 

最後にタイヤWAXは油性より水性のものの方が、タイヤに影響を与えにくいですよ。

金澤からタイヤのお話しでした♪

参考記事

国産タイヤとアジアンタイヤの違い

気を付けたいタイヤのキズ・変形

タイヤWAXの選び方

The following two tabs change content below.
金澤秀敏

金澤秀敏

近津SS 教育リーダー
近津SSの教育リーダー兼、タイヤ担当として常に前線でスタッフを引っ張っている優しいリーダーです。
大きな体をしていますが、意外な弱点があります。
実は、暑さに弱いのです・・・
毎年暑い夏が来ると夏バテで暑さに苦しんでいます(笑)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket