給油ランプが点灯!あとどのくらい走れる?

あゆ、ひで完成版

日常生活においてトラブルは突然として起きるものです。 その中の1つに、今回はガス欠について少し役立つ情報を書いてみたいと思います。

目次

  • 給油ランプが点いてからどのぐらい走れるのか?
  • もしガス欠になってしまったらどうすればいい?
  • まとめ

給油ランプが点灯してから走れる距離とは?

給油ランプが点灯してから走れる距離は車種、燃費にもよりますが約50キロ〜100キロ前後走れるようになっています。

ランプ点灯時の残りの燃料は、大きい車で10L前後、軽自動車だと5L前後です。

もしガス欠になってしまった場合の対処法

知り合い、又は近くのフルサービスのガソリンスタンドなどに連絡をしてスチール製のガソリン缶にガソリンを買ってきてもらいましょう。

(注1)ガソリンスタンドなどにお願いすると、基本的には出張料がかかる場合が多いです。

(注2)ガソリン缶への給油は、セルフでは給油できません。

(注3)ロードサービスがあれば対応してもらえることもありますが、とてつもない時間と、とてつもない費用がかかると思っていて間違いないでしょう。

まとめ

ガソリンメーターの表示が3分の1になったら給油をすることが理想です。

楽しい時間が無駄になってしまう事や、無駄な出費にもなりますので、早めの給油はとても大事です。

The following two tabs change content below.
鈴木和弘

鈴木和弘

関辺SSのタイヤ責任者です。
「彼がいれば何があっても大丈夫!」そう誰もに言わせる、頼れる男です!
少し漢字に弱いですが・・・・・家に帰ると3人の娘にデレデレの良きパパです♪
というより、愛する妻にデレデレの良い旦那…と言っておきましょう。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket