え、雨の日は洗車日和!?

雨洗車

「おいおい、雨の日の洗車って!?」

私も普段は2回に1回は、雨の日に洗車をしています♪さすがに10月は雨が少ないので晴れの日しか洗っていないですけど・・・

実は「雨の日洗車」いいことがたくさんあるんです。

目次

  • 1、汚れが落ちやすい。
  • 2、車に優しい。
  • 3、拭き上げが要らない。
  • まとめ

 

1、汚れが落ちやすい。

masuda-shop_000000075831_1

食べ終わったご飯茶碗は、少し水または、お湯につけておくと、洗うとき簡単にお米の固りも取れますよね?

油汚れも同じように、浸けておくと洗うのが楽になります。

車も一緒で、雨がしっかり降ってて、ボディーが濡れている状態が長ければ、汚れも落ちやすくなります。付着して間もない鳥のフンなんかもふやけて洗車機を通すだけでもある程度落ちてくれますよ♪

 

2、車に優しい。

「快晴」であれば、洗車日和のように思われがちですが、実は間違いです。

日差しが強い日はあまり、洗車に向きません。

なぜかというと、洗っているうちに、もしくは拭き上げているうちに水道水(または井戸水)が乾き、洗剤成分やカルキ、ミネラルなどの成分の固まりが出来やすくなります。

ということは、曇りや雨の日のほうが、車に優しい洗車ができるというわけです。

 

3、拭き上げが要らない。

126812506893216418136

実は、「雨の降っていない日に、セルフの洗車機を通して拭き上げないことが一番ボディに良くありません。」

しかも撥水をオプションで選んでたもんなら、最悪のシミがさらに増えることになります。

雨の日はどうかというと、雨水は降り出しの数分だけが空気中の埃やPM粒子などが混じり合い危険ですが、降り出して時間が経過すると本来の雨水の状態の軟水になり、塗装に対して影響は大変少ないのです。

なので、拭き上げる必要がありません。

 

まとめ

もちろんのことですが、晴れた日に、キレイになった自分の車で運転すると気持ちいいですよね。

そこをグッと我慢して、2回に1回、もしくは3回に1回でも、雨の日洗車にしてみませんか?

ここ最近、本当に雨が降りませんが、少しでも楽に、キレイに長く乗って頂くためにも、たまにの雨の日洗車はオススメです!

 

かんたん手洗い洗車の仕方はこちら♪

洗車するとき気になる色々な汚れはこちら♪

雨が降るたびキレイになるコーティングはこちら

 

The following two tabs change content below.
藤田芳伸

藤田芳伸

代表取締役社長藤田燃料株式会社
藤田燃料ブログチームの編集長。
パソコンが1台しかない会社からfacebook、LINE~このブログを立ち上げるまでにワンマンにスタッフを引っ張ってきた犯人です。こう見えても社内で一番タイヤに詳しく、当社最初のコーティング1級技術者です。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket