車を劇的にキレイにするための3つの下処理|白河市・棚倉町の洗車専門店

車は様々な条件の道のりを走行します。
雨が降ってドロドロになった道や、工事したての油ギッタギタの道など・・・

お車には様々な洗うだけでは落ちない汚れが付いてしまう場合があります。

そんな汚れを最初に「下処理」としてしっかり落としてから洗車をすることによって劇的に仕上がりがキレイになります。
今日はそんな下処理についてまとめてみました。

 

目次

  • 走行しているだけで付く虫の死骸
  • アスファルトに含まれているピッチ汚れ
  • ホイールに付いてしまったギトギト油汚れ
  • まとめ

 

 

夏場に多い虫の死骸

夏場はとても虫が多くなる季節です。
特に夜間に走行する時はライトに虫が寄ってきてしまうので虫汚れがたくさんついてしまいます。
ボディに虫がついたまま放置するとシミの原因になってしまいます。
力ずくで落とそうとするとキズの原因になるので、早めに専用の溶剤を使って優しく落としましょう。
詳しい落とし方は→ フロントバンパーについた虫の怖さと対処法について

 

走れば走るだけ付いてしまうピッチ

道路を走れば走るだけアスファルトに含まれるタールがボディにピッチ汚れとしてついてしまいます。
普通の洗車では全く落ちないので、専用の溶剤でじっくり溶かして落とす必要があります。
ピッチ汚れについて→ 洗っても落ちない「黒い点々」と「茶色い点々」

ホイールに付いた路上に浮いている油汚れ


ホイールは地面からすぐ近いので、走る際に色んな汚れを巻き上げてしまうためにとても汚れがつきやすいです。
また、先ほど紹介したピッチ汚れやブレーキをかけた時に出るブレーキダストなど足元ですからどこよりも汚れがつきやすくなっています。

当店での洗車作業では基本的にBDC(ブレーキダストクリーナー)を使用してブレーキダストを除去してからボディを洗い始めます。
しかし、それだけではなかなか落ちない油汚れもついてしまいますので油汚れを浮かせて落とすホイールクリーナーを使って専用ブラシで丁寧に洗っていきます。

市販でもホイールクリーナー等はたくさん販売されていますので探してみて下さい。
またホイールコーティングをしておくと洗剤もほとんど必要なく汚れが落ちますよ。

ホイールの汚れについて→ブレーキダストの仕組みと対策

まとめ

洗車をするまえにこの3つの汚れををしっかり落としてあげると、洗車後の仕上がりが劇的に変わります。
洗車のたびに毎回はたいへんだと思いますが、せめて半年に一度ぐらいは「ちゃんと下処理」してから洗車をしてみて下さいね。
大変な時は半年に一回当社のようなプロに依頼することも方法だと思います♪

 

参考記事

黄砂と花粉がボディに及ぼす影響と車を洗う4つの手順

洗車しても落ちない車の水ジミ、原因や除去方法とは?

プロは必ず洗ってる!9割が洗わない意外な箇所とは

 

The following two tabs change content below.
青木薫

青木薫

彼は人が嫌がるような事も率先して行います。そして人の3倍ぐらい努力します。今では、何の作業をするにも『青木に頼めば安心だ』というぐらいまでの成長をしています。
見た目の体型の割に素早い動きもします(笑)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket