軽自動車のオシャレアイテム「白ナンバー」取得方法|白河市・棚倉町のガソリンスタンド

最近はミニバン、ワンボックスカーがファミリーカーとして人気ですが、軽自動車も車内スペースも広くなりママさんファミリーカーとして人気があります。ここ数年で軽自動車の普及率は50%を超えてきました。
軽自動車の人気の理由は維持費が安い、燃費が良い、小回りが利き運転がしやすいなどたくさんありますが、最近は軽自動車を白ナンバーにすることが出来るようになり、このナンバープレートの選択も人気の一つのようです。
軽自動車のナンバープレートは通常、黄色ですが、ここ数年で普通車と同じ白ナンバーで走行している軽自動車が増えてきました。
そこで今回は、あらためて交換するにはどうしたらいいのか、どのくらいの費用がかかるのかを近津SSの森隼人が調べてみました。

目次

  • 1、種類・デザイン
  • 2、申込み方法
  • 3、期間
  • 4、費用
  • 5、まとめ

1、種類・デザイン

私たち世代にとって軽自動車のナンバーは黄色が当たり前でした。
調べたところ1975年より黄色と決められていました。
しかし2017年4月から特別仕様の白ナンバーの登場により軽自動車の白ナンバープレートに変更することが可能になりました。
軽自動車を白ナンバーにするには、『ラグビーワールドカップ ナンバー』か『東京オリンピック・パラリンピック ナンバー』のどちらかのナンバーを取得すれば白ナンバーに変更することが出来ます。

2種類の白ナンバーとデザイン

・ラグビーワールドカップナンバー
『大会エンブレムのみ』
『大会エンブレムとラグビーボール図柄』

・東京オリンピック・パラリンピックナンバー
『大会エンブレムのみ』
『大会エンブレムと放射状の図柄』

それぞれ2種類ずつです。

2、申込み方法

『図柄ナンバー申込みサービス』のWebサイトから申し込むか、都道府県や市町村等の自動車協会等の『窓口』で申請することが出来ます。
もちろん、販売店や整備工場でも白ナンバーの交付申請手続きを代行してもらえます。
(注)代行による交付申請の場合は、手数料が発生しますので事前に費用について相談しましょう。

自分での白ナンバーの取得までの流れ
①専用のウエブサイトで申し込む
https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0101.html
②申請後、交付料金の振込
③申し込み後10日間ほどの日数が必要
④専用ウエブサイトでの進歩状況を確認
⑤交付

3、期間

ラグビーワールドカップ ナンバー
受付 H29年2月13日~
H31年11月29日
交付 H29年4月3日~
H32年1月31日

東京オリンピック・パラリンピック ナンバー
受付 H29年9月4日~
H32年9月30日
交付 H29年10月10日~
H32年11月30日

4、費用

各市町村や管轄の協会ごとに違いはあるようですが、7000~15000円程です。

申請費用の他に1000円以上の寄付金を納めることで、『大会エンブレムのみ』か『大会エンブレムと図柄有り』かを選ぶことが出来ます。
※寄付金無しの場合は『大会エンブレムのみ』になります。

5、まとめ

最近では、私たちも給油中に軽自動車の白ナンバーに違和感を感じなくなり、むしろ黄色ナンバーに対しての違和感の方が大きいかもしれませんね(笑)
軽自動車に乗っていて、黄色ナンバーに抵抗があるという方は、費用は多少掛かるものの、白ナンバーに変更するチャンスです。
すでに免許証をとりたての若者には、軽自動車=白ナンバーなのかもしれないですね!
まさか、ナンバープレートが車のオシャレアイティムになるとは思いませんでした。

参考記事

車のナンバープレート豆知識

そのナンバープレート違反かも!?|H28年4月1日~道路運送車両法改正

スマートキー車を狙った「リレーアタック盗難」とは!?

The following two tabs change content below.
森隼人

森隼人

2級整備士の資格を持っていますが、現場経験が少なく、まだまだ先輩社員にはかないませんが、将来がかなり期待できるスーパールーキーです。また、真面目な性格のせいなのか、覚えがよくて、あっという間にコーティング1級を取得し「洗車、コーティング」だけではなく、早くも「オイル交換、タイヤ交換」でも活躍しています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket