意外と知らないガソリン携行缶の禁止事項とは|白河市・棚倉町のガソリンスタンド

ガソリン携行缶は誰もがガソリンを持ち運び出来る便利な物です。
災害などのときの保管用としても大変重宝します。
しかし、中に入っているものは、『第4類危険物第一石油類』という消防法で定められている危険な液体です。間違った使い方をすると大惨事につながることもある為、正しい正しい使い方を理解しておきましょう。

1、禁止事項

携行缶を使用すれば誰でもガソリンを持ち運びする事は可能ですが、一般の人が自ら携行缶に給油する事は消防法で禁止されています。
つまり、セルフスタンドに携行缶を持って行き自分で携行缶にガソリンを入れる事は出来ません。
携行缶にガソリンを入れてもらいたい場合は、フルサービスのスタンドに行き、必ず店員に入れてもらいましょう。
セルフスタンドでも店員が入れてくれる所も有るようですが、一部禁止している所もあるようなので、確実に入れてもらいたい時はフルサービスのスタンドに行くようにしましょう。

2、使用手順

携行缶が熱を持っていない事が大前提になるので、熱くなっている場合は常温に下がるまで待ってから使うようにして下さい。
そして、近くに火の元がない事を必ず確認して下さい。

➀携行缶を平らな場所に置く

ガソリンは揺れると静電気が発生する為、平らな場所に置き、中のガソリンの揺れが落ち着くのを待ちます。

➁エアー調整ネジを少し緩めて、中の圧力を下げる。

ガソリンは揮発性が高い為、−40℃でも気化します。その為、携行缶の内側には高い圧力ががかっています。エアー抜きをせずにキャップを開けると内部の圧力でキャップが吹き飛んだり、中のガソリンが噴き出る恐れがあるので、エアー調整ネジを少し緩めて「シュー」という音がしなくなるまで待ちます。

➂キャップを開け給油ノズルを取り付ける

「シュー」という音がしなくなり、エアー抜きが完了したら、ゆっくりとキャップを開け、給油ノズルを取り付けます。

➃エアー調整ネジを締め車などに給油する

この時にエアー調整ネジが開いたままだと、隙間から空気が入り込み、ノズルから大量のガソリンが流れ出る事を防ぐ為です。

➄使った後はネジとキャップを締める

どちらかが開いたままだと残った気化したガソリンが漏れたり、内部が錆びたりする事があるので、使用後は確実に締めましょう。

一度使った携行缶に再びガソリンを入れる時は、気化したガソリンが残っていて内部の圧力が高くなっている事があるので、エアー調整ネジを緩めてエアー抜きをしてから使用して下さい。

3、まとめ

2013年に京都市福知山の花火会場で起きた爆発事故を覚えているでしょうか。
あの事故は、エアー抜きをせずに発電機に給油した為、炎天下で熱せられ、気化したガソリンに引火した可能性が指摘されています。
一人の誤った行動により、死亡者まで発生した大惨事となってしまいました。
他にも間違った携行缶の使い方をした事で起きている事故は、年間千件以上も発生していると言われています。事故を未然に防ぐ為にも正しい使い方を確認しておきましょう。

 

参考記事

実はガソリンにも性能差がある!?

意外と知らない、灯油処分・灯油保管

燃料を買う容器は油種によって決まっています!

The following two tabs change content below.
森隼人

森隼人

2級整備士の資格を持っていますが、現場経験が少なく、まだまだ先輩社員にはかないませんが、将来がかなり期待できるスーパールーキーです。また、真面目な性格のせいなのか、覚えがよくて、あっという間にコーティング1級を取得し「洗車、コーティング」だけではなく、早くも「オイル交換、タイヤ交換」でも活躍しています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket