「向上心」佐川 潤|藤田燃料 白河市 関辺SSのスタッフ紹介 

先日、当社13人目のキーパーコーティング1級技術者としてご報告しましたが、2019年3月より関辺SSの新たな仲間になっております「佐川 潤」を改めて紹介させて頂きます。

入社の経緯

ご存知の方もいるかもしれませんが彼は高校2年生の時に近津SS所属の学生アルバイトという形で入社致ました。
高校生活が終わると専門学校に入学し、学問とアルバイトを両立するという「何て素晴らしい青年なんだ!」と、思わせる真面目な青年でした。

その後、地元の工場に勤務するも「やっぱりお客様と接する仕事がしたい。」という思いに社長も断ることができずに2018年6月に正社員として正式に入社をしました。
初めは近津SSを勤務地としておりましたが、定年退職などの人事により2019年3月に正式に関辺SS所属のスタッフとなりましたので、改めて皆様どうぞよろしくお願い致します。。

誰にも負けない向上心

彼の1番の魅力は社内での話にはなりますが、先輩スタッフの技術を必死に真似をして覚えたいという「向上心」です。
佐川は2019年6月にキーパーコーティング1級技術者の資格を取得しました。
1級技術者の資格を取得する為にはKeeper技研という組織の学科試験と実技試験に合格する事が必要なのですが、試験の日程が決まってからの佐川は毎日技術向上のため努力と研究を怠りませんでした。

他スタッフがコーティングの施工をしていると「自分にコーティングやらせてください!!」と、日々コーティング技術の向上に取り組む姿勢や、タイヤ交換やボディー研磨作業なども「自分も出来るようになりたいので教えてください!」と、素直に言える姿勢には「自分も見習わなくては・・・」と考えさせられるスタッフも多かったのではないかと思います。
佐川潤はこれからの成長がとても楽しみなスタッフです。

今後の期待

キーパーコーティングの施工技術はもちろんですが、何よりもお客様が求める仕上がりの為に必要な作業を判断しなければならない経験値というものが必要になります。
経年車両は保管している環境や使用状況によって状態が全て異なりますので、全ての車が同じ作業だけで完璧に仕上がるわけではありません。これは教えてすぐに身に付くものではなく、今後様々な状態の車をどれだけ多く苦労を重ねていくことで身に付けていくものなので、今後の彼のコーティングの技術はもちろん、経験値を少しでも多く身に付けていってもらいましょう。

あっ!!あと表情が愛想良いほうではないので、もうちょっと接客業向けの明るい表情になる事を期待しておきましょう(笑)

まとめ

どこからかスタッフ佐川に送るメッセージのような記事になってしまいましたが、藤田燃料のスタッフも平均年齢が30才を超えてまいりましたので、若いスタッフ達にはどんどん経験値を増やして先輩スタッフを追い越してもらいたいです♪

参考記事

家族との時間を大切に|関辺SS営業時間変更のお知らせ

ダイヤモンドキーパーの品質を高める最適環境とは

LINE割と水曜元気会員の違い

関辺SSってどんな店?若さで常に進化中!

The following two tabs change content below.
本柳剛史

本柳剛史

現在、関辺SSの洗車・コーティングの責任者。(コーティング技術1級)
日頃からお客様のなかにファンも多く、特に子供からの人気が尋常ではない。(精神年齢的?)おのずと関辺SSの販売実績では常に先頭を立って後輩を引っ張っていく存在。ブログでも活躍してくれるだろう!という社内の期待は大きい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket