撥水性、親水性コーティングのメリットとデメリット|白河市・棚倉町のコーティング専門店

我々が取り扱うキーパーコーティングもそうですが、コーティングには様々な特徴を兼ね備えた商品が世の中にはたくさん存在します。ひとつひとつの特徴を解説するのは難しいので、今回は「コーティングの水弾き」に関する特徴を記事にしてみようと思います。

車にコーティングを施工する理由とは・・・

「コーティングは、日本語の場合、物体の表面を定着可能な物質・物体で覆うことを意味する。」
というように、本来のカーコーティングは何らかのコーティング剤を使ってボディーを覆い、ボディーが紫外線などから直接ダメージを受けにくくしてあげる事を目的として施工をします。

しかし、近年のコーティングユーザーがコーティングの性能に求めるものとして「よりキレイに見せたい。」「お手入れの手間を少しでも楽にしたい。」という声が多くなってきています。

それに従い世の中に出回っているコーティング剤には大きく分けると撥水性(コロコロと水が弾く)と親水性(水が弾かない)の物があり、人それぞれが持っている感性やクルマとの付き合い方によって、カーコーティング性能の選択基準が変わります。
高額なコーティングは確かに性能的に優れていますが、必ずしもすべての人にとってそのコーティングが最適というわけではないのです。ご自分の理想のカーライフに適しているのかを判断しましょう。

撥水性コーティングのメリット・デメリット

メリット

・走行するだけで水を飛ばしてくれるので、雨の日でも汚れが付きにくい。

・撥水性特有の光沢効果によって、とてもキレイに見える。

・汚れが落ちやすく水滴を拭き上げやすいので、お手入れがグンと楽になる。

デメリット

・水玉のレンズ効果により、ウォータースポットになりやすい。

親水性コーティングのメリット・デメリット

メリット

・薄い水の膜のように広がるのでウォータースポットになりずらい。

デメリット

・性質上、撥水性よりもツヤが劣るのでコーティングを見た目で判断しずらい。

・いつまでもボディーに水が残るので、拭き上げに手間がかかる。

まとめ

まずは普段のお手入れの頻度や、車を保管する環境などを考えたうえで自分にはどのようなコーティングが合っているのかを判断するようにしましょう。

そしていずれのコーティングにせよ車が汚れたら洗う。という事が最低限のお手入れとして必要です。
中には「コーティングしてあるから何もしなくてもいい・・・」という間違った理解をしている方も居ますが、撥水系でも親水系でもコーティングの表面が蓄積された汚れで隠れてしまっていれば本来の効果を発揮できずに無駄になってしまいます。

そして虫の死骸や鳥のフンなど強い酸性の物が付いてしまったらすぐに洗いましょう。どんなに良いコーティングをしても酸が深く塗装まで浸食してしまえば手直しのできないシミになってしまいます。コーティングの有無に関わらず注意すべき点に気をつけてお手入れをする事が車をキレイに乗って行くには必要になります。

参考記事

コーティング車へのお手入れ3つの注意点とは

フッ素とシリコンの違いは?

5年後のボディが変わるカーシャンプーの選び方

The following two tabs change content below.
本柳剛史

本柳剛史

現在、関辺SSの洗車・コーティングの責任者。(コーティング技術1級)
日頃からお客様のなかにファンも多く、特に子供からの人気が尋常ではない。(精神年齢的?)おのずと関辺SSの販売実績では常に先頭を立って後輩を引っ張っていく存在。ブログでも活躍してくれるだろう!という社内の期待は大きい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket