手洗い洗車 VS 機械洗車 どちらが良いの?|白河市・棚倉町の洗車専門店

いまの洗車はセルフで行える「機械洗車」が主流となっています。
でも、車を大切にしたい人からすればやはり「手洗い洗車」がいいよね・・・
いやいや、いまの「機械洗車」でもスポンジブラシとか優しくなってるし・・・
さてさて、そちらが正しいのでしょうか。
お客様のご意見・体験談、以前は機械洗車も行っていた当社のスタッフの意見などをまとめてみました。

「手洗い洗車」のメリットとデメリット

手洗い洗車と聞くと「新車じゃないから必要ない」と考えている方が多いのではないでしょうか?でも本当にそうなのでしょうか?ここでの手洗い洗車は、お店に頼むのではなく自分で行う手洗い洗車として考えていきましょう。

手洗い洗車のメリット

・車の細かい部分まで洗い上げることが出来る。
・自分の好きなケミカルを使って洗いから仕上げまでをすることが出来る。
・水道や作業場所さえあれば家でも出来る。
・道具さえ揃えてしまえば、ほぼ費用が掛からない。

とことんこだわりを持ってお手入れしたい方にはオススメです!

手洗い洗車のデメリット

・初回は道具を揃えるのにお金がかかる。
・作業中に水やシャンプーが乾き、シミになりやすい。
・たっぷり水を使わないと逆にキズが入りやすい。
・時間や労力がかかる。

間違った方法でのお手入れは、逆にキズやシミになりやすいのです。

「機械洗車」のメリットとデメリット

「大事に乗りたいから洗車機には入れたくない」というセリフを耳にする事が正直多いです。では、大事に乗るためには洗車機って使っちゃダメなんでしょうか?
ここでは店員さんにお願いする洗車機の洗車ではなく、セルフ洗車機を使用する事を前提として考えていきましょう。

洗車機洗いのメリット

・洗い始め→流し→乾燥までの時間がかからず早い。
・金額が安い。
・準備物が少ない。(仕上げ用タオルも必要のない所もあり)
・労力があまりかからない。

時間のない方にはとても助かる便利アイテムです!

洗車機洗いのデメリット

・凹凸などすみずみまで洗えない。(洗い残しが多い)
・操作ミスにより車のパーツが破損する場合がある。
・汚れの蓄積具合によって平らな部分でも汚れが落ちきらない場合がある。

一定の速度と圧力で洗い上げるので、車種により異なりますが7~8割程度の仕上がりです。

1番肝心なのは「環境」と「道具」そして「スピード」

私の個人的な見解にはなりますが、手洗いも洗車機も十分な水を使わずに汚れをそのまま擦ったり、硬い道具でボディーを洗ってしまえばキズが付きます
洗うために使用した水道水や井戸水がそのまま乾いてしまえば頑固な水シミにもなります。このことから特に気を付けて頂きたいのが

・洗車をする時の環境
日向での洗車は水が乾きやすく水シミになりやすいので、日陰または日光が直接当たりづらい時間帯(早朝や夕方)曇りの日を選んで行うと良いでしょう。

・使用する道具
拭き上げを行う時はマイクロファイバークロスのようなキズの付きづらい柔らかいタオルを使用するようにしましょう。実は最後の拭き上げの作業って1番重要なんです!どんなに柔らかいタオルを使っても、力いっぱいに擦ればキズになります。水をたっぷり使って優しく洗い、優しく拭き上げをするようにしましょう。

・洗い始めから仕上げ拭きまでのスピード感
これは私たちプロショップのスタッフも常に気を付けている事でもあります。
洗車の作業に時間をかけて丁寧に行いすぎると洗い終わる頃には乾いてしまっている箇所が出て来てしまうので、手洗いでのお手入れをしている方は特に程よいスピード感が必要になってきます。

まとめ

どちらのお手入れ方法にもメリットとデメリットがあります。
手洗い洗車→時間が掛かりすぎて水シミになる事が多い。
機械洗車→洗い残した汚れを引きずる事で洗車キズが入りやすい。
どちらのお手入れが良いかという判断は人それぞれなので難しいですが、上記の記事を参考にして自分に合ったお手入れ方法を選ぶ。というのが1番だと思います。

そして、そんな悩みを解決するのが私たち洗車専門店の役目だと思います。環境は店舗によって様々ですが、洗車におけるキズなどのリスクを最大限に抑える設備と技術でお車を洗い上げます。普段のお手入れに不安な方は洗車専門店に任せてみるのも良いかもしれませんね。

参考記事

洗車にマイクロファイバーが良い理由。

いまさら聞けない、自分で簡単手洗い洗車。

お手軽ドライブスルー洗車の弱点と対策

The following two tabs change content below.
本柳剛史

本柳剛史

現在、関辺SSの洗車・コーティングの責任者。(コーティング技術1級)
日頃からお客様のなかにファンも多く、特に子供からの人気が尋常ではない。(精神年齢的?)おのずと関辺SSの販売実績では常に先頭を立って後輩を引っ張っていく存在。ブログでも活躍してくれるだろう!という社内の期待は大きい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket