冬タイヤへ交換、11月中旬前がBESTな5つの理由。

タイヤ交換時期

朝晩涼しくなり、こころのどこかでは冬の心構えをされている今日このごろではないでしょうか。

そ、冬となれば灯油・・・・そして冬タイヤ交換の季節がやってきます。

毎年、12月初旬にはピークを向かえ、週末はどこのお店も数時間待ちになりますよね。

しかし、一番良い交換時期はいつごろなのでしょうか?

目次

  • 1、冬タイヤは1ヶ月で約0.2mmも減らない!?
  • 2、降雪傾向と予想!
  • 3、混雑のピークは?
  • 4、作業員も人間である。
  • 5、新しいタイヤを購入の場合・・・
  • まとめ

 

1、冬タイヤは1ヶ月で約0.2mmも減らない!?

早く交換しない理由にスタッドレスタイヤが減ってしまうから、ギリギリまで履き替えないという方がたくさんいます。

では、スタッドレスタイヤはどのぐらい減るのか。

平均で、1ヶ月0.1mmです。

スタッドレスは3000kmで約1mm減ります。

通勤20km(往復)×5日勤務×4週=400kmとすると、1ヶ月約0.13mm減ることになります。

正直、スタッドレスタイヤの寿命に大きく影響があるとは思えません。

これが1ヶ月0.2mmだったとしてもスタッドレスタイヤの寿命が5mmなので、5年で交換と考えれば大きな影響はありません。

ですから、12月の降雪を警戒して、11月中旬に交換してしまってもさほどスタッドレスタイヤの寿命に影響がないことになります。

※走行距離には個人差があります。

 

2、降雪傾向と予想!

福島県の初雪予想は、毎年11月末になっていますが、あくまで初雪なので道路に影響がでるほどではありません。

しかし、2012年12月1日にかなりの積雪があり大混乱になりました。無理に夏タイヤで通勤した方が、何台もレッカーになってしまったようです。つい最近の現実ですから、いつ同じようなことがあるかわかりません。

また、いま色々な異常気象もあり、もっと早い時期に突発的な大雪が降ってしまう恐れもあります。

それを考慮しても11月中旬ごろまでに交換しておけば安全であると言えます。

 

3、混雑のピークは?

毎年の混雑のピーク

白河地区:11月第4週 東白川地区:12月第1週 となっています。

もちろん、その前後も大変混雑しておりますので、ピークより2週間前以前が、BESTな時期といえます。

白河地区では、11月第2週ごろ。東白川地区では、11月第3週ごろまでがおすすめです。

 

4、作業員も人間である。

3でお話した、タイヤ交換のピーク時は、作業員も、精神的にも体力的にも厳しい状況での作業です。

あまり考えたくはないし、どんなお店でもそうならないように、念入りの確認を行っていますが、人間の作業であるということです。

車のリコールなども、結局、人間が起こすこと。

落ち着いた環境、状況での作業は、依頼する側も、作業する側も安心できるというものです。

 

5、新しいタイヤを購入の場合・・・

この冬、スタッドレスを新しく買い換えなくてはならない方もたくさんいると思います。

新品タイヤをいきなり、雪道で走行させるとあまり効かないのはご存知でしょうか?

どこのメーカーもカタログに記載していますが、慣らし運転(スタッドレスタイヤを一皮剥く為の走行)が必要としています。

その推奨走行距離は、60km以下のスピードで、約200km以上とされています。

通常より1週間程度早めに、新しいスタッドレスタイヤを履けば問題ありません。

 

まとめ

ゆとりとは、何事も段取りと、早めの行動から生まれると思います。

今年の冬は、少し早めタイヤ交換をしてみてはいかがでしょうか?

長時間待つこともなく、いつ降雪しても安心で、時間と心に大きなゆとりができると思いますよ♪

 

※当社では、

新品タイヤ購入者様、タイヤ保管のお客様は事前予約(前日のPM5:00までのお電話)で作業をさせて頂いております。

少し遅くなってしまったとしても安心して、ご予約をしてからご来店くださいませ。予約時間通りに作業させて頂きます。

関辺タイヤ預かプレゼン5

The following two tabs change content below.
藤田燃料 編集部

藤田燃料 編集部

藤田燃料株式会社の編集部です。
ここ編集部では、当社ライター達の書くブログ記事以外のイベントやキャンペーンのお知らせ、その他ご案内をさせて頂きます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket