実は手軽に消せるキズがある。

_IMG1584

コーティングや洗車が多い当社は、色々なお車のキレイのご相談を受けます。

その中で比較的多いのが「キズ」についてのご相談ですね。

女性の方が多いのは、「ドアノブ」周りの引っかきキズ。バンパーの擦りキズ。

スライドドア付近の子供による引っかき傷など。

で、ご相談を受ける半分が、簡単に消えます。

のこり半分は板金が必要なものです。

ではどのように消える、消えない(板金)が判断できるのか。

目次

  • 1、消せるキズと消せないキズ
  • 2、研磨とは?
  • 3、コーティング被膜はキズからも守る?
  • まとめ

1、消えるキズと消えないキズ

127426537688016130260_1sinsya

キズには種類があります。

①コスったモノの表面の材質がボディに付着しているもの。

IMG_2302

この場合、ほぼ消えます。こすって相手の表面の塗装だったり、サビなどがボディに付着しているだけなので、範囲が狭ければ何種類かのコンパウンドで磨き落とせばほぼ見えなくまります。

あきらめないで下さい!コンパウンドを買ってくれば自分でもできますし、当社でも数千円程度で済みます。

 

②塗装の表面(クリアー部分)だけにキズがついているもの。

4785

これも、消えますね。

深さによって、研磨の種類を変えることでコストも変わりますが、クリアー部分だけのキズはほぼ消えます。

判断ができないときは、水で濡らしそのキズが見えなくなれば、消せるキズってことになります。

①と同様の作業になりますが、範囲によってコストは変わります。

 

③塗装の表面(塗装部分)だけにキズがついているもの。

_IMG1569

これも、だいたいは消えますね。もしくは目立たなくできます。

深さによって、研磨の種類を変えることでコストも変わりますが、この程度のキズはほぼ消えます。

②と同様判断ができないときは、水で濡らしそのキズが見えなくなれば、消せるキズってことになります。

 

④塗装の内部(鉄板の部分)までキズがついているもの。

e172ab416801c6fff8cd3dfc2054496c

こんな小さなキズですが、これは下地(鉄板)が見えてしまい、研磨しても消えません。

ただし、キズの浅い部分は目立たなくなるので、試してみるのも良いかもしれません。

ものすごく気になるようであれば、タッチペンを使用した補修もしくは板金をオススメ致します。

水で濡らし見えなくならないならば、このキズと同じです。

 

2、研磨とは?

DSC_0904

研磨とは塗装の表面をけずることで、キズを消し光沢を復活もしくは上げることです。

板金屋さんの分野にはなりますが、当社でも研修、検定を受けた技術者がおりますので作業が可能です。

スタンドで行う「磨き」には本当に表面を削る「磨き」と、ポリマーコーティングをする際に「ポリッシャー」を用いる作業の2種類があり、後者は磨きではなく「圧着」というものになります。

本当の「研磨」は研修を受けて行うものですが、「圧着」は、素人でも可能な作業です。

①軽研磨

item_ch1

これは、クリアー部のエッジ(角)を削り乱反射を防ぐことで、細かいキズを目立たなくし光沢を増す方法です。

コスト的にも比較的安価で、1~2時間程度でできます。

当社のクリスタルキーパーにオプションで選択される方も多いです。

②鏡面研磨

item_ch2

キズがついたクリアー部を取り払い、浅いキズはほぼ無くなり新車時の光沢が復活します。

高度な技術と、工程が増えるためコストと時間がかかりますが、それ相応の光沢は手に出来る作業です。

1、の②の写真のようなお車がこの鏡面研磨をすると本当にキレイになります。

 

3、コーティング被膜がキズからも守る?

 

守りません。

 

ただ、1、の①なんかのキズは簡単に落ちやすくなります。

実はコーティング被膜は塗装よりも、ものすごく柔らかいのでキズには強くありません。

でも、こまかいキズが少し増えてもクリスタルキーパーなどは、そのキズを目だたなくし、艶も復活しますので試してみてはいかがでしょうか?もちろん、研磨をすればキズが無くなりものすごい光沢が復活しますよ。

 

まとめ

自分であきらめていたキズ、もう一度見直してみてはいかがでしょうか?

実は、簡単に見えなくなってしまうキズで、それが消えたらもっとあなたのお車に愛情がわくことになるかもしれませんよ。

そうやって、保有年数が長くなり、出費が減り、結果的に一番のエコになるのかもしれません。

 

「キズ・研磨」について、わからないことがあればいつでもご相談下さい。

 

The following two tabs change content below.
本柳剛史

本柳剛史

現在、関辺SSの洗車・コーティングの責任者。(コーティング技術1級)
日頃からお客様のなかにファンも多く、特に子供からの人気が尋常ではない。(精神年齢的?)おのずと関辺SSの販売実績では常に先頭を立って後輩を引っ張っていく存在。ブログでも活躍してくれるだろう!という社内の期待は大きい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket